マルチリンガルなプログラマーになろう

習うより慣れよう、まずはコピペでOK

VS CodeにPHPコーディング基準のphpcsを導入する

仕事でコーディングをしていると、プロジェクトごとにコーディング基準というのがあります。

コーディング基準に従って書くと、品質の安定や保守性の向上につながります。

 

今回はPHPコーディング基準として使えるVS Codeプラグイン「phpcs」の導入を紹介します。

↓こちら↓の記事を参考にしました。

qiita.com

 

 

Homebrewをインストールする

Homebrewがインストールされている確認する

下記コマンドを実行します。

brew -v

not foundが返ってきたら、まだインストールされていないので、手順を順番通りに実施していきます。

zsh: command not found: brew

バージョンが返ってきたら、すでにインストールされていますので、次のPHPのインストールに進みましょう。

Homebrewをインストールする

公式ホームページにアクセスして、ページ中央にあるコマンドをコピーして実行します。

brew.sh

公式ページに書いてあるコマンドは↓ですので、こちらをコピーして実行しても大丈夫です。

途中、パスワードを聞かれますので、Macにログインするときのパスワードを入力します。

私は2回聞かれました。

Homebrewがインストールできたか確認する

Homebrew 3.5.3

バージョンが返ってきたらインストール成功です。

Homebrew/homebrew-core (git revision 6b633976bb8; last commit 2022-07-02)

PHPをインストールする

コンテナの中にPHPをインストールして使っていますが、今回はMac自体にインストールしていきます。

 

PHPがインストールされている確認する

php -v

not foundが返ってきたら、まだインストールされていないので、手順を順番通りに実施していきます。

zsh: command not found: php

バージョンが返ってきたら、すでにインストールされていますので、次のComposerのインストールに進みましょう。

 

PHPをインストールする

brew install php

 

PHPがインストールできたか確認する

php -v

バージョンが返ってきたらインストール成功です。

PHP 8.1.7 (cli) (built: Jun  9 2022 14:21:07) (NTS)
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v4.1.7, Copyright (c) Zend Technologies
    with Zend OPcache v8.1.7, Copyright (c), by Zend Technologies
odaneko@odanekonoMacBook-Air ~ % clear

 

Composerをインストールする

Composerがインストールされている確認する

composer --version

not foundが返ってきたら、まだインストールされていないので、手順を順番通りに実施していきます。

zsh: command not found: composer

バージョンが返ってきたら、すでにインストールされていますので、次のphpcsのインストールに進みましょう。

 

Composerをインストールする

brew install composer

ん?なんかエラーっぽいメッセージが出ていますね・・・。

 

Homebrewがインストールできたか確認する①

インストール確認の方法は2つあります。

せっかくなので、両方やります。

 

composer --version   

バージョンが返ってきたらインストール成功です。
Composer version 2.3.8 2022-07-01 12:10:47

エラーっぽいメッセージが出ていましたが、大丈夫なようです。

 

Homebrewがインストールできたか確認する②

composer

かっこよくComposerと出てきますね。

 

phpcsライブラリをインストールする

ここからはプロジェクトごとの実施になるので、VS Codeで実施します。

composer require --dev "squizlabs/php_codesniffer=3.*"

 

VScodeエクステンションのphpcsをインストールする

なぜか2つ出てきますが、上は△マークがついていたので、とりあえず2つ目にしておきました。

phpcsを適用する

設定ファイルを開く

phpcsを適用する

jsonファイルに下記を追記します。

"phpcs.standard": "PSR12"

VS Codeを再起動して、phpcsが適用されていることを確認する

コーディング基準に違反しているところがあると、赤い数字や下線が表示されます。

 

以上です。

お疲れさまでした。